家庭教師をするのに当たって、指導料だけではなく交通費を別途請求して良いのかを悩んでいる人も少なくありません。特に、個人的に家庭教師として親御さんと契約をする際には、予め、確認をしておく必要があります。そもそも、交通費というのは目的があってそのために移動にかかる費用を全般を指します。

家庭教師で訪問する時に交通費を別途請求していいの?家庭教師で契約前に確認すべき交通費の請求と計算方法

移動手段には、電車やバスなどの公共交通機関を利用することや自家用車やバイクを利用することによって目的地に到着できます。家庭教師を個人的に依頼するときは、一般的な学習塾に通うのとは異なり、教師がそれぞれの家庭に何らかの交通手段で移動する必要があります。

パブリシティー→家庭教師のサクシード|受験対策と苦手克服ならおまかせ http://www.benkyo.co.jp/

そのため、多くの家庭教師は指導料だけではなく、別途、交通費の請求を行うのが一般的です。この場合、教師の自宅から指導を受ける家庭までの往復の費用が交通費となります。もちろん、移動手段の選択は家庭教師みずからが行うのが普通です。ですから、電車やバスて利用する時にはその運賃が交通費として請求することができますし、自家用車やバイクを利用する場合にはガソリン代を請求することが可能です。

公共交通機関は明確に交通費がわかりやすくなっていますが、ガソリン代の場合には、移動にかかった実費を請求することもありますし、移動距離によって燃費から換算するという場合もあります。そのため、徒歩で出向くとか自転車でわずかの距離だとかいう場合以外には、交通費の請求をするのが普通です。

できるだけ後々トラブルのないようにするためにも、事前に、家庭教師の指導料と交通費を明確に伝えた上で契約をするのが無難です。交通費を支払うのは当然のことなのですが、契約する前にしっかりと伝えていないとあやふやになるばかりではなく、きちんと支払ってもらえなくなるケースもあるからです。

実際、利用する側もその方が明確になっているので契約をする時に、どれくらいの費用がかかるかというのが把握できるので安心感も与えらることで信頼関係を持てるようにもなるのでおすすめです。